×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第5話 消えたコンボイ


イラスト

 サイバトロンたちは、謎の遺跡を見つけて首をひねっていた。不思議なことに、エネルゴンまで埋めてあるのだ。そこに現れるデストロン。例によって争っているうちに、エネルゴンは爆発、遺跡は謎の光を宇宙のかなたに発するのだった。

 そして、そのお返しとばかり、宇宙から金色の種のようなものが夜の遺跡に送られてくる。そこで、コンボイさんとダイノボット、メガトロンとワスピーターが鉢合せ、昼の続きを4人でやっているうちに今度はその種が光を発し、全員ぼろぼろ。そのうえコンボイさんだけさらに狙われ、体が消滅してしまう。

 ダイノボットが気がつくと、そこはサイバトロン基地だった。コンボイの安否を尋ねる仲間たちに、ダイノボットはコンボイは消えたと話す。すぐさま司令官の跡目をめぐって争いになったが、ライノックスの提案で投票で決めようという事に。結果はラットルとダイノボットに二票で、またもや勝負になりかけたその時、通信が入る。それは、コンボイさんからだった。彼は、意識はあるが体が例の種のなかで分子レベルにまでばらばらにされてると言う。そして、ラットルに指揮をまかせたため、チータスは校長先生をすることにした(謎)。

 そこに、司令官を失って今がチャンスだとデストロンが総攻撃をかけてくる。サイバトロンは勇敢に戦うが、基地のシールドが限界に。ラットルは近くのダイノボットにリセットを命じるが、ダイノボットはメガトロンとじゃれていたので断った。ラットルは仕方なく走りに走って、間一髪シールドを立て直す事に成功する。デストロンは基地をあきらめ、例の遺跡へと向かって行った。なんとかしのいだサイバトロンたちも後を追う。

 遺跡では、さっそく第二ラウンドが始まった。ライノックスの作ったコンボイさんを取り出す装置は、なかなかうまく動かない。そんなこんなをしているうち、遺跡と種装置が作動、コンボイは蘇り、メガトロンは捨てゼリフを吐いて去って行く。そして種はというと、突然消えていってしまった。謎の装置は、トランスフォーマーたちの情報を得てどこかに転送されていったのだった。


イラスト

うーん。で、ラットル君のセリフじゃないけど、裏切ったのはどっちなのかな。司令官のあとがまをめぐって、ラットルとダイノボットはそれぞれ自分に投票したろうし、残るはチータスとライノックスだし。・・・待てよ。副指揮官のはずのライノックスが何で抜けているのだ。彼が当然指揮をとるべきじゃないのか。誰も(本人さえ)気にしてないようだけど。

■ ■ ■

▲page top home next>>