×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第20話 不死身のスタースクリーム


 宇宙空間を不思議な何かが進んでいた。雷と一緒に落ちてきたその何かは、デストロン基地でパネルを操作していたワスピーターの体を乗っ取る。それは、何と伝説のデストロンの航空参謀、スタースクリームのスパーク(魂みたいなもん)だったのだ! そして彼は、(口では)メガトロンに忠誠を誓い、その証しにサイバトロンを倒してみせるというのだった。

 一方サイバトロン基地でも、武器こそ地下室に移してあって無事だったものの、落雷で防御システムと外壁がやられていた。それを知ったスタースクリームは、裏をかいて被害のなかった方からの侵入を提案、作戦は見事成功し、サイバトロンは自分たちの基地から逃げていく。喜んだメガトロンは、お手柄のスタースクリームをリーダーとする分隊を、サイバトロン基地に残すことにした。

 その頃、屋外のコンボイさんたちは、元デストロンのダイノボットから、裏切り者のスタースクリームの話を聞いていた。そこで、コンボイさんは、傷ついたダイノボットを担架に乗せると、いきなりスタースクリームに降参する。そして、重傷のダイノボットを再生カプセルに入れる代わり、なんでもお前の言うことを聞いてやると持ちかけるのだった。すぐにコンボイさんは武器を取り上げられ地下室に放り込まれる。そして、彼らを人質にとったスタースクリームは、残りのサイバトロン達に、メガトロンらのいるデストロン基地を襲うように命令するのだった。

 案の定の展開に、地下室のコンボイさんは、しまってあった武器を取り出し、さっさと再生していたダイノボットと一緒に基地からスタースクリームたちを追っ払う。スタースクリームは、デストロン基地を襲いあぐねていたサイバトロンたちの前にやってきたが、たちまちそこにコンボイさんが追ってきた。コンボイ対スタースクリームの勝負はコンボイの優勢かと思われた。しかしエネルゴンを背にしたスタースクリームは、突然ブラックウィドーにコンボイを撃つよう命じる。が、ブラックウィドーは彼を裏切り、そのエネルゴンを撃った。エネルゴンは爆発し、スタースクリームはふっとんでしまった。
だが、スタースクリームは死んではいなかった。またもやスパークの姿となったスタースクリームは、復讐を誓って星を離れて行くのだった。


ダイノボットは(たぶんデストロンの、)「戦いの歴史」は”よくできました”だったと言うが、それにしてはスタースクリームの説明はあんまりじゃないのか。彼は、裏切り者ではない。単に、ニューリーダーの座を狙っては失敗しているというだけのはずだ(笑)。それにしても、幽霊になったりスパークになったり、彼も忙しいことだなあ。

■ ■ ■

▲page top home next>>