×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第23話 ただいまでござる


 宇宙の果てでは、異様な生命体が地球のことを話題にしていた。メガトロンが地球で引き起こした時空の乱れを、放ってはおけないな〜と考えた彼らは、とっておきの秘書を派遣する事にする。その秘書とは。

 さて、デストロン基地では、カリスマ美容師にセットしてもらったという変なかつらをかぶったメガトロンが、裏切り者クイックストライクをいんちき裁判にかけて遊んでいた。そこに、エイリアンの使者の到来が報告される。デストロン基地は臨戦態勢に入るが、相手はまっすぐ地球に、さらにデストロン基地に向かって突っ込んで来る。ついにメガトロンは、基地を捨て脱出を決意。みんながすたこらと逃げた直後に、使者が突っ込み基地は吹き飛んでしまった。

 跡形もなくなった敵基地の様子をみて、サイバトロン基地ではラットルが大喜び。が、他の仲間はそれがエイリアンの仕業と知って顔色はよくない。ところで、破壊された基地からは、何かがゆっくり浮上してきた。彼はヴォーク(最初にでてきた異星人のこと)の使い、タイガーファルコンと名乗る。さらにその実態は、だいぶん昔、エイリアンによって誘拐されたエアラザーと、タイガトロンの合体した姿だった。タイガーファルコンは竜巻を発生させデストロンたちを吸い込むと、残ったメガトロンと戦闘を始める。これは、サイバトロンも静観していられない。と言うのもメガトロンが倒されてしまったら、彼の体内にある初代メガトロンのスパーク云々でもっと時空がやっかいなことになるのだ。

 戦闘は空中で続いていたが、圧倒的パワーでタイガーファルコンが勝利する。そこにやってきたコンボイさん。メガトロンにとどめをさそうとしていた彼を止めに入るが、タイガーファルコンは地面を裂くとコンボイさんをその中に落っことしてしまった。ところが、そのタイガーファルコンもタランスの不意打ちにあい、捕らわれの身になってしまう。

 ところで、先にタランスにやられていたメタルスチータス2は、お得意の白昼夢を見ていた。向こうの方から、光るタイガトロンとエアラザーが帰ってくる。そして、お互いのスパークが体内から出てくると一つになる。そこにヴォークが襲い掛かってきて・・・。目覚めたチータスは、自分の傍らに夢でなく、本当に光輝くスパークがひとつ浮遊しているのを見た。彼は、その後を付いていくことにする。

 さて、タランスは自分の秘密基地である洞窟で、タイガーファルコンを改造して自分の手下にしようとしていた。が、彼は苦しむタイガーファルコンの口から、「やっちゃう?」「やっちゃおうか」と、とり憑いていたヴォークが出て来るのに気づかなかった。ヴォーグはタランスに襲い掛かり、その間に改造装置が回転。怪しげなビームが、タランス本人と、彼にとり憑き終わっていたヴォークまで爆発させてしまう。残ったのは足だけー。そこへやって来たメタルスチータス2は、タイガーファルコンをなんとか助け出す。

 気を失っていたチータスがふと気がつくと、そこは、洞窟の入り口で、コンボイさんがこんこんと自分をつついている。そのコンボイの背後から、昔の仲間、エアラザーとタイガトロンのスパークが合体した輝くスパークがやって来る。そして、タイガーファルコンの中に納まると、彼も目を覚ます。タイガーファルコンは、詳しい話は基地に帰ってからゆっくりしよう、と言うが、差し出されたコンボイさんの手の巨大さに、思わず手をひっこめる。笑い出すチータスをたしなめたコンボイさんらは、笑いながら帰路についた。


長いこと「謎の存在」としてそこかしこに、メタルス以前から影をみせていたエイリアンが、初めてここに姿を現した。と、思ったらタランスと一緒に爆発してしまった。いったい何だったんだ。

ちなみに、エアラザーとタイガトロンが合体したタイガーファルコンの口癖は、「ござるでしょう」。声は、タイガトロンのものである。羽こそついているけど、おおすじではタイガトロンベースに合体したなーという感じがしますね(ちょっと残念)。

■ ■ ■

▲page top home next>>