×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第25話 ハッピー?これでいいのだ


 前回ついに浮上した、デストロンの最強戦艦ネメシス。メガトロンはその凄まじいパワーで地上を破壊にかかる。抵抗を試みるはパワードコンボイとタイガーファルコン。コンボイさんは簡単に撃ち落とされ、タイガーファルコンは彼にアークの仲間のところに戻るよう言い、ネメシスは自分がなんとかすると飛び去っていく。一方、ネメシスでは、メタルスダイノボットがスパークがなんだか変だと話していた。それは、ランページがくたばっちゃったからだな、とメガトロンは深く考えずに答える。

 さて、サイバトロン基地では「フォーエバー作戦」なる作戦が実行に移されていた。ところでタイガーファルコンは、その圧倒的な能力で嵐を起こし、ネメシスに攻撃を加えていた。メガトロンは、標的を彼にセット。ネメシスのエネルギーとタイガーファルコンの力がぶつかり、エネルギーは両者の間でくすぶっていたが、ついにタイガーファルコンが押され彼は吹き飛んでしまった。

 降りしきる雨のなか、アークの外ではコンボイさんが何度もタイガーファルコンを呼び出していた。しかし、応答がない。そして、コンピューターがタイガーファルコンの消滅を告げ、彼は激しくアークの扉を叩く。

 ネメシスの侵攻は、原人たちの住む谷の上に達していた。原人たちをスクリーンで見たメタルスダイノは、前にもこんなことがあったような気がするぜ、と視線を下げる。メガトロンは原人たちもさっさとやっつけようとするが、メタルスダイノは気がすすまなかった。最強の戦艦の最強の武器で、非力なおさるどもをやるなんて、いいのか。しかし、メガトロンとの仲が険悪になりそうと見ると、ダイノは一転、パワーをとっといた方がいいと思ったと場をとりなす。その意見を容れず、メガトロンは谷に攻撃を加える。原人はあわてて身を伏せ、代わりになぜか、彼らの集落を新しい基地にしようとしていていたクイックストライクとインフェルノだけが攻撃の犠牲になる。

 ところでサイバトロンの「フォーエバー作戦」とは、アークを直して飛ばし、ネメシスと戦おうという突拍子もないもの。しかし、どうにもアークは動いてくれない。そのうちネメシスはアーク上空に到達し、周囲の岩を吸い上げ始める。回転する刃で吸い上げたものを破壊するのだ。コンボイさんは、(またしても!)その兵器に特攻してこれを止めようと試みるが、今度はかつてエイリアンの兵器に特攻した時とは違い、彼は刃の間のわずかな隙間に、小さな扉を発見した。コンボイさんはそこからネメシスに侵入する。さらにアークでは、ラットルのしっぽを切ってコード代わりにするなどと、めちゃめちゃな修理が進んでいた。そして点火準備に入り、排気口からは閃光が飛ぶ。しかし、健闘むなしく、アークは動かず最後の作戦は失敗に終わってしまう。


 ネメシス内では、パワードコンボイとドラゴンメガトロンが戦っていた。とはいえ、あっけなくコンボイさんはやられ、勝ち誇ったメガトロンは全パワーでアークを破壊にかかる。その傍らで、ダイノボットが汚い勝ち方だ、とつぶやいていた。うつむく彼は、ある操作をして満足げに微笑む。その結果、ネメシスからアークへと、ある「トップシークレット」が送信される事になった。それは、アーク内にシャトルがあるというものだった。

 ネメシスでは、ついに最終攻撃の準備が完了。が、ダイノボットはその攻撃を拒否。メガトロンに怒鳴られた彼はしばし黙っていたが、胸を張ると俺にもプライドってもんがあんだよ、と言い放つ。怒ったメガトロンは彼をぶっ飛ばすが、背後から何かが飛来してくるのに気づき振り返った。それは、シャトルに乗り込みネメシスに特攻してきたライノックスだったのだ! シャトルはそのままコントロールルームのメガトロンに突っ込み、さらにネメシスを破壊して外側へと突き抜ける。コントロールを失ったネメシスで、コンボイさんはダイノボットに逃げるよう言うが、彼は逆に、コンボイに行くよう言って別れを告げる。その直後に起こる大爆発。コンボイさんは叫びながら脱出した。ネメシスは山の向こうへと墜落していく。コンボイは、地球の未来が救われたことを実感するのだった。


 さて。サイバトロン一行はシャトルに乗り込むと、セイバートロン星の帰還を始めた。そのシャトルの上部には、メガトロンが磔にされていた。

 場面は変わって月夜の地球・・・。原人たちはお祭りをして騒いでいた。クイックストライクのコブラの口は笛にされ、ごっつんこの頭はタイコにされてと、散々である。そして、原人たちの玉座には、なんとワスピーターが座っていた。彼ははじめて幸せそうに、これで、いいのだ、と締めくくるのだった。


メタルス、これにて、おしまい!

…っていいのかこれで!? ほんとにいいのかこれで〜。やっと戻ってきたタイガーファルコンは、ジャガー並にエキストラな扱いだったし、クローンのメタルスダイノは、オリジナルのダイノボットの誇りを取り戻してきた矢先に爆発に飲まれてしまうし、アークにシャトルがあったっちゅうのに誰一人それに気がつかなかったときているし、もうすごい終わり方である。私はこれをみて一週間猛烈に落ち込んだぐらいだ。しかし! 悲しむことはない。日本には、さらにこの次に最終話がある。というわけですべてはファイナルリミックスに続く。

■ ■ ■

▲page top home next>>