×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第3話 愛の古傷(しるし)


 道いっぱいのダナダナ軍団に、冒頭から攻撃されているサイバトロンたち。彼らは、すべてのトランスフォーマーのバックアップファイルが保管されているという「セイバートロン資料館」に仲間たちが消えてしまった原因を求めてやってきたのだが・・・。例によって、ファイルは全部消されているのだった。

 さて、その様子をモニターで眺めながら、メガトロンは(出番が早くて)喜んでいた。ところが、戦闘中にブラックウィドーは頭をぶつける。とたんに白昼夢に入り込む彼女。おとぎの国のような森の中を飛んでいくと、突然足下の地面が裂ける。そこに、何者かが飛来してきた・・・。

 ウィドーは意識を取り戻すが、戦いはまっただ中、状況は最悪だった。コンボイさんはマリオ(ゲームの)を気取って「Aボタンでジャンプ!」しているし、メガトロンは山手線の駅の名前を唱えてサイバトロンを倒せないのを嘆いているし、もうめちゃくちゃ。そんな中、マシーンが負けてばかりなのはノリが悪いからじゃ、という無責任な発言をするメカがいて、メガトロンは納得(何故だ)。彼は、とっておきの3匹のスパークを呼び出す。なんだ、スパークあるんじゃん。

 一方、無事戦闘を終えたものの、ゴリラさんは不機嫌だった。ブラックウィドーはなぜか上の空で、彼に怒鳴られてもビーストモードに戻ろうとしない。そして彼女はひとり、(6つになってよく見えるようになった目で)無人の街をこそこそと進んだ。そこに、物音! 彼女は固まるが、そこに現れたのは後をつけてきたラットルだった。

 なんで港に来ちゃってるわけー?と、ラットルはおどけて尋ねるが、ウィドーは険しい顔で答えない。そこに、バリバリバリバリ・ダナ!でーす!と叫びながら、敵が3人やってきた。スパークのない3バカマシーン、と言うウィドーに、スパークを浮かび上がらせながらマシーンの一人が3つの間違いがあるデースと反論。「1、バカマシーンじゃないです。2、バカマシーンじゃないです。3、バカマシーンじゃないです。つまりバカマシーンじゃないでーす!」 …バカマシーン以外の何だと言うんだろう。マシーンかどうかはともかくバカは正解なんじゃないだろうか。ちなみに彼らはタンカー、スラスト、ジェットストームと名乗った。(なおタンカーはライノックスの声、スラストはワスピーターの声、ジェットストームはシルバーボルトの声をしていて口癖も彼らのものをやや踏襲している。) さっそく戦闘が始まった。

 ラットルとウィドーは何とか彼らをまく事に成功し、目的地にたどり着く。ウィドーは、ロボットモードでいる時だけ何か思い出すところがあり、それを突き止めるためここにやって来たのだ。彼女は、記憶のない間に起こったこと・・・乗っていた宇宙船が攻撃されたこと、その船には仲間が6人乗っていたことなどを知る。しかし、ウィドーもラットルも、その残りの2人を思い出す事ができない。続けて彼女が、バックアップメモリーを調べようとした時、またもや3バカが現れて戦闘になる。ウィドーたちは逃げながら、さらに宇宙船を探して奥へと進んだ。

 ところがその途中、ちょっと置いてきぼりをくったラットルは、目の前の敵に思いっきり無視された事で、ビーストモードの間は敵に感知されないことを発見。その事実を伝えようとウィドーちゃんを追って行く。一方、ウィドーはついに彼らが乗ってきた宇宙船にたどり着いたが、それはメガトロンに筒抜けであり、彼はウィドーが船のメモリーにアクセスしたら、逆にサイバトロンのアジトの情報を得ようと考える。その通信を受信したラットルは、あわてて止めようと後を追う。ウィドーは船に乗っていた残りの2人、ライノックス、そして、シルバーボルトの姿と名前とを知るが、メガトロンも同時に首尾良く情報を得ようとしていた。駆けつけてきたラットルが間一髪でそれを防ぐ。

 とはいえ、ウィドーとラットルは敵と対面してピンチに陥った。そこに都合良く現れるコンボイさんたち。しばらく戦ってから彼らは退却するが、肝心の船に流れ弾が当たり、船はどかんと爆発してしまった。いつになく興奮したコンボイさんは、どうしてだ、どうしてなんだ!と叫ぶ。燃えさかる船を残し、彼らは基地へと引き上げていった。


リターンズは、そもそもが主人公たちの記憶喪失から始まっているので、見ている私たちも、主人公達同様、何が起こったのか、何が起こっているのかがよく分からない。そのうえ、唐突な設定がいっぱいだし。困ったものです。

■ ■ ■

▲page top home next>>