×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第4話 時限爆弾転送作戦!


イラスト

 嵐がやってきた。稲妻が山を破壊し、中のエネルゴンがむき出しになる。サイバトロン基地では、探査装置と爆弾が完成していた。これで敵の基地を破壊しようというのである(正義の軍団のやることとも思えない)。しかし、コンボイさんは作戦の中止を告げ、例によって好戦的ダイノボットと、敏捷さを自慢するチータスは反発。何とかその場はおさまったように思えたのだが・・・。

 個室で落ち込むチータスの元に、ダイノボットがやって来る。チータスは事もあろうに彼のそそのかしに乗り、ひとり、こっそり探査装置の設置に向かう。しかし、その一本に嵐の稲妻が落ち、チータスは何と、デストロン基地でパネルを操作していたテラザウラーの目の前に転送される事になってしまった。チータスがテラザウラーをパネルに突き飛ばすと、逆に彼もどこかに転送されていく。続けてワスピーターとスコルポスに追い回されるチータス。彼は通気口に逃げ込む。通気口・・・。やっぱり換気が必要なのか、ロボットにも。それはさておき。

 さて、テラザウラーはというと、サイバトロン基地のダイノボットの正面に出現していた。一触即発の状態から、転送装置の価値に気づいた二人は同盟を結ぶ。ところが、探査装置&嵐&エネルゴンの作用で起こる転送の原理を聞き出すと、ダイノボットはさっさとテラザウラーを放り出す。そこに、チータスと探査装置を探してやって来るコンボイ。ダイノボットは適当につじつまをあわせて説明し、爆弾を敵基地に転送するよう説く。

 一方、デストロン基地のチータスは、サイバトロン・デストロン双方の基地の下に、長くエネルゴンの鉱脈が走っていることを知った。片方が爆発したらもう片方も爆発してしまうという訳なのだ。彼はその情報をディスクにコピーする。

 サイバトロン基地では、ついにダイノボットが爆弾を転送。と同時に、逆にチータスからディスクが転送されてくる。デストロン基地では送られてきた爆弾を前に、チータス、テラザウラー、メガトロンが揃っていた。爆弾は、なんとかチータスが解除・・・したのか? その後爆発してるけど。たぶん解除してその後テラザウラーが空に放つ。そして、チータスはさっさとパネルに乗り、再び転送。探査装置を壊しながらサイバトロン基地にたどり着く。

 今回チータスは、みんなの命の恩人でもあった訳だが、今度また勝手な真似をしたらただじゃおかないからなとコンボイさんは睨み付ける。チータスは、次の作戦まではもうしない、と答えるのだった。


イラスト

チータス災難に遭うの巻、下巻である。ついこのあいだえらい目にあって、ラットルに助けられたチータスなのに、懲りてなかったらしい。もっとも今度は自力で脱出したので、いくらか成長したと言うべきか。

ところでトランスフォーマーの私生活についてはこれまでほとんど画面に現れることがなかったが、この回を見るとどうも各々個室を持っているようだ。そして、壁にペナントを貼ったりしているらしい。このペナントなんだけど。ひとつはチーターの絵。もうひとつのこれは何? 何か有名な映画のポスターだとかなのかな。やけにリアルなんだけど。

■ ■ ■

▲page top home next>>