×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第8話 クモ女のキック


氷河地帯に落下した、サイバトロンの救命ポッドを探しにやって来たコンボイさんとダイノボット。しかし、デストロンに先回りされ、ポッドを奪われてしまう。コンボイはラットルがスパイではと疑うのだった。

 デストロン基地では、そのポッドから新戦士、ブラックウィドーが生まれていた。一方ラットルは、コンボイの指示で危険な地域に偵察に出される。とはいえ、その事もデストロンには筒抜け。テラザウラーに襲撃されたラットルは、彼に取り引きを提案し、何と彼の手下になる。

 基地に帰ったテラザウラーは、手下ラットルを紹介するとともに、メガトロンの変身回路を停止させ、例のごとく自分がデストロンのリーダーだと宣言する(笑)。ラットルとメガトロンは檻にぶちこまれるが、メガトロンはさっさと脱出。ラットルも檻を抜け出す。そして彼は、デストロンのコンピューターに入っていたサイバトロンのチップを回収し、何食わぬ顔で檻へ戻る。作戦の成功の合図を受け取ったコンボイさんたちは、デストロン基地に突入した。

 あっという間に、テラザウラーの命令でラットルが飛んでるコンボイを打ち落としたり、チータスが新戦士ブラックウィドーに蹴り倒されたり、ダイノボットがメガトロンにつかまったりと辺りは大混戦になる。しかし、ラットルはダイノボットを撃つと見せかけテラザウラーを不意打ちし、ダイノボットはメガトロンをぼこぼこに。サイバトロンたちはラットルを助け出すと急いで引き上げ、残されたテラザウラーは、またしてもメガトロンにど叱られるのだった。

 さて、ラットルの回収したチップは、デストロンにサイバトロンの情報を筒抜けにしていた原因だった。ラットルの裏切りは全部芝居だったのだ。


タイトルが内容とかみあってないのは珍しいことじゃないが、それにしてもこれだけラットルくんの回なのに、なんでタイトルがクモ女のキックかな。チータスを蹴りたおすというのは、それほど意義深いことらしい。


ブラックウィドーの後ろで
さりげなくやられているようなスコルポス。ナイスだ!

■ ■ ■

▲page top home next>>