×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第14話 メーク・ドラマだデストロン


 デストロン基地ではいきなりメガトロンに対し部下たちが反逆を起こしていた。そして、どたばたやってるうちにエネルゴンが爆発、デストロン基地はふっ飛んでしまう。その一部始終を隠しカメラで楽しく見物していたサイバトロンは、さっそくデストロン基地を訪れた

 中に生命反応はなく、中の機械は無事だった。コンボイさんは、動力室から部品を失敬することにする。見張りにまわっていたダイノボットの背後には、突然タランスが忍び寄った。と、思ったらそれはチータスがひろった足だけだった。ダイノボットは、深くうなだれる。

 部品を調達したコンボイさんたちは、船を直してセイバートロン星に帰ろうとする。そんななか、ダイノボットはこの星に残り、支配者になると言って、仲間たちに別れを告げた。

 ひとり外を歩いていたダイノボット。その下の地面の割れ目には、デストロンたちが窮屈そうに収まっていた。デストロンたちは、隠しカメラの存在を知って、一芝居うったのである。そして、サイバトロンが船を直したらそれを乗っ取り、救命ポッドを回収しちゃおうというのだ。だが、ダイノボットは彼らに気づく。たちまちデストロンたちが総出で追っかける。

 サイバトロンの基地兼、船は発射体制に入っていた。そこに、ダイノボットが走ってくる。チータスの喜びもつかの間、その後ろには死んだはずのデストロンがくっついているではないか。コンボイさんとチータスは、ダイノボットを助けるため船を出る。だが多勢に無勢、ようやくチータスは離陸に入った基地の出入り口? に着き、そこにコンボイさんがダイノボットを放り投げ、さらにチータスの手につかまった。そこに、スコルポスの撃ったミサイルが命中、チータスが息を飲む間もなく、コンボイさんは遥か下の地面にずどんと落ちてしまった・・・。

 ところが船の中にはメガトロンが侵入していた。ライノックスがなんとか彼をおっぽり出すが、その際、彼の腕がコントローラーに刺さり、船は墜落し始める。だが、何故か怪我が治ってロボットモードになったコンボイさんが飛んできて、単身、基地をささえて不時着させるのだった(笑)。船はまたもや飛べなくなり、ラットルはダイノボットとけんかを始めるのだった。


ダイノボットはもと仲間のデストロン達をどう思っているんだろう。無論、普段は間違いなくただの敵だ。しかし、いざ全滅したらしいとなったときの、あの辛そうな様子は。それとも、戦いで立派に死んだのではなく、間抜けな仲間割れなどで全滅したという事に対して、心から同情しているのだろうか。

それからサイバトロンの連中も、ダイノボットの事どう思っているんだ。なんで無理やりにでも引き止めてやらないのか。無理やりどころか、コンボイさんでさえ一回も引き止めさえしなかった。なんて仲間がいのある連中なんだろう。


偽ラットルとでもいおうか、ダイノボットにあやうく踏まれそうになり、その後タランスの口におさまってしまうネズミさんの、このダッシュぶりが好きだ。



追加。この回で何故、エアラザーが置いてきぼりにされるのかずっと疑問に思っていたけど、日本とアメリカでは放映順序が違っていたようで、本来この話のあとにエアラザーのポットが落ちてくるんですね。

■ ■ ■

▲page top home next>>