×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第16話 ダイノボットが二人に?


 デストロン基地では怪しげな料理・・・じゃない、怪しげな物体がメガトロンの指揮のもと作られていた。なんとそれは、ダイノボット。ただし、本物のクローンロボットで、変身はできない。これをサイバトロン基地に送り込み、防御システムを解除させようというのだ。

 一方、本物のダイノはテラザウラーの攻撃を受け、生き埋めになってしまう。至極簡単にサイバトロン基地に来たクローンは、デストロンの総攻撃を理由に全員を基地から追い出そうとするがうまくいかない。ラットルと偵察に出されてしまう。

 クローンはラットルを溶岩の川に落っことし、基地に帰ってでたらめを言って、ようやくコンボイを基地から追っ払った。ところでラットルくんはどうにか助かっていた。彼を探しにやってきたサイバトロンたちは、事情を知って青ざめる。

 さて、基地には本物の口裂け恐竜が帰ってきて、防御シールドを解除。クローンは作戦がうまくいったと喜んでメガトロンを呼び寄せるが、本物のダイノと鉢合わせになる。二人のダイノボットはビーストモードで低レベルな戦いを派手に繰り広げるが、ついに本物のダイノボットが頭を打って倒れる。

 メガトロンはひとりでやってきた。出迎えにでるダイノボット。当然クローンかと思いきや、これが何と本物だった。たちまち対決になったが、ダイノボットが押されているところに、コンボイたちが帰って来る。メガトロンはそそくさと引き上げるのだった。

 さあて。基地内にはクローンの姿はなかった。ダイノボットは言うのだった。俺そっくりのハンサムボーイで、味も、最高だったのに、と。


うーん。トランスフォーマーは、音声識別回路が、人間ほど精密でないらしい。クローンの声も口調も、本物とたいして似てなかったのに誰もそれに気づかないとは。

ところで、クローンは本当に食べられちゃったのか。それともダイノボットの冗談なのか。 未だに分からない。誰か教えてください。


ピーマンとキャベツの千切りと塩コショウにまみれてできあがった
クローンダイノボット
おいしいよ(笑)

■ ■ ■

▲page top home next>>