×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第7話 え?かおが?


 

 話は前回の続きから。出現したエイリアンの銀色ドームが発した光で、みんなのびていたのだが、メタルスのメンバーだけはさっさと気がつく。メガトロンはタランス、クイックストライクを従えてドームの中へ。ついでに、バリアーを貼ってコンボイさんらが追って来られないようにする。

 そして、探検隊は、エイリアンのものと思われる建造物の、奥深くへと進んで行くのだった…、と、クイックストライクは川口ひろし探検隊風ナレーターに終始する。私も知りませんでした、これ。対象年齢いくつなんだろメタルス・・・。それはともかく、エイリアンのドームの中はなんとも不気味な雰囲気だった。中心のコントロール装置をタランスがいじると、インターフェースが現れる。そこにメガトロンがディスクをはめると、さあ大変。メガトロンは変な光の柱に飲み込まれてしまうのだった。

 さあてと。お外のコンボイさんとラットルは、爆弾でバリアを吹き飛ばして侵入を試みる。たちまちはじまる、サイバトロンとタランス&クイックストライクのどつきあい。「そのとき、激しい揺れが。」例のドームが上昇を始めたのだ。しかも、そこからは緑色のとりもちビーム(?)が放たれ広がっていく。ラットルだけが身をかわすが、残りのメンバー、コンボイ+デストロンの連中は、宙に浮きあがってしまう。そのうえドームに、メガトロンの顔が浮かびあがるではないか。彼はドームの制御に成功したのだ。メガトロンは裏切り者のタランスだけすとーんと地表に落っことすと、残りの連中をドーム内に格納した。

 ドーム内では、コンボイさんが宙づりに、残りのデストロンはメガトロンの命令を受け行動開始。ところで、こちらはサイバトロン基地。サイと恐竜の旦那がやっと、再生カプセルから出てくる。そこに、ラットルと、何故かやってくるタランス。タランスは、自分にスキャナーを使わせるよう要求する。みんなはいろいろ言うが、結局、タランスにスキャナー操作を任せることに。で、さすがはタランス。いままで発見できなかったエイリアンのドームに加えて、セイバートロン星に帰るために必要な「トランスワープセル」をワスピーターらが運んでいることまで見つけるのだった。

 一方、捕まったコンボイさんとメガトロンは、意見の相違でもめていたが、ぶらさがっているコンボイさんの方が分が悪いのはいうまでもない。そこに、サイバトロンの急襲。みんなドームに攻撃を加えだす。たちまち戦闘が始まったが、2人戦いに参加していない者がいた。それは、タランスとラットルで、タランスは、メガトロンの野望さえ阻止すればよかったので、ラットルにコンボイのいる方向を示すと、さっさとどこかへ消えてしまった。残されたラットルは、コンボイ救出に成功。また戦いだ。ゴリラと恐竜は激しく空中戦を行う。もみ合いながら、ゴリラはコントロール装置を破壊するようラットルに言い、装置はどかん。すると何故か自爆装置が作動して、ひそかにドームからエイリアンの情報を奪っていたタランス始め、中の連中はあわてて退散。ドームは爆発してしまった。その様子を見上げながら、チータスはいなくなったエアラザーとタイガトロンを思い、コンボイさんはまた会えるさ、と確証のない断言をするのだった。


2話もかけて、なんだかよく分からない話をやってくれたなあ、という感じもするけど。ともあれ、エイリアン撃退作戦成功その1。エイリアンの装置はいつも有機的でどうにも気色悪い。よくぞあそこまで気色悪い質感がだせるものだ。

ところで、コンボイさんの確証のない断言は、この後、10話以上も経過してやっと真実となる。そのあいだずっとエイリアンに捕まっているなんて、エアラザーとタイガトロンがあんまりだ。いったい彼らが何をしたんですか。

なお蛇足ながら、この回のゴリラVS恐竜の空中戦はたいへんな迫力でお勧め。ゴリラさんがボードの後ろにちょこんとラットル君を乗せて、飛んでくシーンも個人的におすすめです。

■ ■ ■

▲page top home next>>