×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第10話 たいほだにゃ


 ジャガーも未だにどーゆー顔してんのかよく分からないなあ。全身真っ黒だし・・・。ま、いいか。話はライノックスの説明から始まる。かいつまんで言うと、トランスワープウェーブというのが発生していて、それは時空を超えて広がっており、サイバトロンの故郷セイバートロン星にもいずれ到達するはずだというのだ。すると当然、救助船がやってくるはずな訳で。サイバトロンの面々は、浮かれまくって踊り出す。

 そんな最中、騒ぎから距離を置いていたシルバーボルトの関心は、ウィドーちゃんとの密会にあった。彼は、重力ジェネレーターというのをウィドーちゃんに渡す。ところで。

 場所は変わって時代も変わって、宇宙空間を広がっていくウェーブの輪。それは、とある宇宙ステーションに達していた。中はたちまち大混乱。そんな中、三者協議を始めた者たちがあった。打倒サイバトロン・宇宙征服を夢見ている、とあるデストロンの勢力の長老たちである。彼らは、ライノックスらが期待していたウェーブのセイバートロン星到達をしっかり妨害してしまった。しかも、使者を恐るべき船に乗せて送り出す。さてはて。

 サイバトロン基地では、故郷セイバートロンからの助けに対し、デストロンがどう出るかでひやひやしていた。一方、デストロンはなんだかよく分からない装置を組み立てて何か画策していたようだが、それを踏み潰してランページが基地に攻撃を始めてしまう。しかし基地に、謎の船が近づきつつあったのを両者とも感知できなかった。突然、頭上から降りそそぐレーザーの雨。デストロンはいったん退却し、サイバトロンの面々はきょとん。助けがきたかと思いきや、姿を徐々に現した船からは、誰も下りてこない・・・。そして、搭乗者は突然姿を現した。コンボイさんは、思わずその名をつぶやく。

 彼はジャガー。ジャガーは、昔サイバトロンと戦ったことを謝り、さらにウェーブは大変弱くてセイバートロンでは感知できなかったなどと言い、ついでにだから助太刀に来たと説明する。眉をひそめるライノックス。とはいえ、ジャガーの言う通り、総攻撃をかけてデストロンをやっつけるということに話がまとまったらしい。サイバトロンたちを乗せた例の船は、乗組員もろとも、ぼんやりとその姿を消していった。

 だったら最後まで透明でいた方がいいように思うけど、何故か彼らはわざわざ姿を現してから、デストロン基地へと急降下する。さっそく戦いになる中、妙な飛行装置を完成させてどこかに向かおうとしているウィドーを撃つよう、シルバーボルトは命令される。もちろん彼に撃てるはずがなく、ウィドーはとっとと戦場を離れていってしまった。

 デストロンはいつになく劣勢だった。そのうえ、基地のシステムがとまる。驚くメガトロン。加えて、彼の体、両腕にはエネルギーの手錠のようなものがとんできてはまり、身動きまでとれなくなってしまう。そこに、笑いながらジャガーが現れた。そして、サイバトロンとデストロンが手を結んだ証として、貴様を逮捕するにゃ、と言うのだった。


うーん。どうも、メタルスには往々にして、とってつけたような設定が現われて素直に見ているものを混乱させる。突然、「トランスワープウェーブは延々と広がっているのです。時空を超えて。」と、言われてしまうと、あーそうーという気もするが、なんだかなあという気もする。ジャガー登場のためにはそうでなくではいけなかったんだろうが。

ついでにここで登場する(「ここでしか登場しない」、と言った方がより正しいな)、3者協議やってる連中もなかなか謎だ。彼らはデストロンの一派らしいが、メガトロンのことは全然良く思っていない。どうも、メガトロンとは別の派閥のデストロンらしい。と、すると、この時代デストロンはいくつかの派閥に分かれて勝手に行動していたものとみえる。

それにしても彼らほどの技術力があったら、宇宙征服なんてたやすいんじゃないのか? それとも、セイバートロン星ではもっとすごい技術が使われているのか? それにしてはコンボイさんたちの装備は貧弱なものだ。コンボイさんよっぽど下っ端だったのかも。(なんだか、ひどい想像)

■ ■ ■

▲page top home next>>