×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第11話 すきですっ


 話は前回の概要からはじまるが、あらためてここで書くまでもあるまい。割愛。コンボイさんに呼び出されたシルバーボルトだったが、コンボイはいきなりウィドーとのおつきあいについて問い詰めると、彼女をさんざんにけなした挙句、シルバーボルトに謹慎を命じる。さらには、彼女の始末をチータスにさせるという。こんな言い方されておとなしくしていられるほうが不思議だ。コンボイさんリーダーとしてやっぱり問題あるんじゃないか?

 一方、デストロン基地では、手も足もでないメガトロンが、ジャガーに言いたい放題言われていた。メガトロンはエネルゴンを餌にジャガーを誘うが、相手は乗って来ない。それもそのはず、隠しエネルゴンのありかはタランスが発見済みだった。そのうえタランスは、メガトロン言うところの「3バカ長老」の派閥、ジャガーが所属する(メガトロンとは異なるデストロンの)派閥の一員だったというのだ! ジャガーは用心深く、そのエネルゴンもサイバトロンに取りに行かせる事にする。

 さてシルバーボルトだが、声をかけてきたチータスを殴り倒し、基地を飛び出しウィドーのもとへと向かう。コンボイさんは、さっそく怒って彼を追いかけに、と思ったらこれが違って、呑気にもジャガーの命令を受けてエネルゴンを取りに出かける。ところが、着いた場所はいかにも怪しい。さらに、インフェルノが現われる。

 愛に燃えるぱたぱた犬は、飛行装置でいずこかへと向かっていたウィドーちゃんとさっそく痴話げんかを始める。それは結構だけど、空飛んでるんだから前方はせめて確認しないとなあ。前方は山だった。でも幸いなことに、山にぶつかる前に彼らはワスピーターにぶつかるのだった。まっさかさまに落っこちていくブラックウィドー。ぱたぱた犬は彼女をキャッチする。

 さあて、エネルゴンの現場の方は。いきなりインフェルノが罠にひっかかり、大変な事になっていた。そのうえ彼はエネルゴンを撃ってしまい、コンボイさんらはそそくさと逃げ出す。吹っ飛ぶエネルゴン。コンボイさんから連絡を受けたジャガーは、やはり罠だったな、とつぶやく。そして、メガトロンを処刑にかかる。ついでに、メガトロンの部下たちも全部抹殺するつもりだったが、その風向きが変わった。メガトロンが不思議なことを言い始めたのだ。彼が奪って、今は破壊されているゴールデンディスクには、表向き、エネルゴンのありかが記されていることになっているが、実は秘密のメッセージが書き込まれているというのだ。彼は破片のひとつを取り出し、再生してみせる。すると、初代メガトロンのメッセージが本当に現れ、ジャガーは口をぽかんと開けた。こうなってくると、残りのメッセージも聞かないわけにはいかない。ジャガーは、メガトロンを解放した。

 ばらばらになったワスピーターが泣いている後ろでは、ウィドーとシルバーボルトがうらうらと岩をどけていた。そこは、トンネルがあったようだがふさがれているのだ。またも始まる痴話げんか。しかし、犬のしつこさに、クモの方が折れる。

 ところで、基地への帰路についていたコンボイさんが報告を求めると、やたら偉そうにラットル君が出た。彼は、いいニュースと悪いニュースがあるというが、さて。いい方は、ジャガーにへいこらしなくてよくなったというものだ。悪い方は? ジャガーが、デストロンに寝返ったという訳。事実、その報告を受けているコンボイさんの背後から、ジャガーと、そして笑うメガトロンを乗せたジャガーの船が、攻撃しながら近づいてくるのだった。


犬も食わないという痴話げんか(しかも犬の)は、放っておこう、この際。ややっこしいのはタランスの所属が明らかにされた点だ。彼は、メガトロンたちとは違う、「3バカ長老」の派閥のロボットだった。しかし。

後にタランスはとんでもないことをやらかそーとするのだが、それが、直接、この点に由来するかどうかは微妙だ。はっきりいっちゃうと、タランス、メガトロンの祖先らを壊しちゃおうとするのですな。そんなことすると、自分だって消えちゃいそうなものだが、そうはならない。それが、果たして「この派閥」にいるからなのか、また別の由来があったるするのかは、謎。考え出すとかなりいけないことになるので、あまり考えないでおきますです。その派閥の起源はどこまでさかのぼるんじゃ〜とかね。だいたい、これらの設定自体、あとから付け加えられた感がありますし。

ま、だからとにかく、後々「そんなことしたらお前自身どうなるんだよ〜」というようなことが起こっても、「あ、タランスは別のデストロンだったっけかな。」とだけ覚えておきましょう。たぶん、それで、いいのだとおもう。

しかしどんどん壊れていくな〜シルバーボルトは。

■ ■ ■

▲page top home next>>