×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第13話 大きくな〜れ


 話は前回の続きから。アーク周辺では、時空が歪んで大嵐が起こっていた。その怒涛の嵐のなか、ウィドーは勝ち誇るメガトロンを倒し、さらに「何もなかったことにする」ために、ぶっ壊された初代コンボイ(ゴリラコンボイさんらのご先祖にあたる)の修復にとりかかる。

 ところが、時空はまだ安定しない。コンボイさんは、初代コンボイのスパークを自分の中に入れて当座をしのごうとする。ライノックスいわく、それは大変危険らしいが、コンボイさんは聞く耳持たずだ。そして、案の定、コンボイさんは無理がたたって大変なことになってしまった。

 その間になんとか再生装置を作動させ、初代コンボイの再生(とはいえそもそも仮死状態なのだが)を図るサイバトロンたち。一方、気がついたメガトロンは散り散りになっていた部下たちを呼び寄せる。そして、アークの奥にやって来たが、なんと! そこには! 初代コンボイのスパークを取り入れ、すっかりパワーアップし姿・大きさまでもが変わった「パワードコンボイ」が立ちはだかっていたのだった! 圧倒的(身長)差に、捨てゼリフを吐いてアークを去るメガトロン。が、パワードコンボイは、相手がおとなしく引き上げるどころか、いまはがら空きになっているサイバトロンの基地を狙っているのだと悟って慌て出す。

 しかも、ご丁寧にメガトロンは、敵基地に向かう途中で出くわしたウィドーを撃っていく。ウィドーは倒れ、駆けつけた(遅いよ)シルバーボルトは彼女を抱き上げるのだが、その腕のなかでウィドーはぱたりとなってしまった。ぱたぱた犬は感傷に浸るが、それを取り巻くみんなは冷たい。と、いうのも彼女は死んだ訳でなく、気を失っていただけなので。夢中の犬だけ気づいていなかったのだ。

 さて、サイバトロン基地。これを、何故かデストロンは手に入れようとはせず、「滝壷に落とす」というびっくりな作戦に出た。しかもランページや虫たちがロープで引っ張るという律義ぶり。そこに駆けつけたコンボイさん、かっこよく登場しロープを切り、ランページをぶっ飛ばしたまではよかったのだが、カニが倒れた衝撃で放ったミサイルを、事もあろうに(とっさに胸のスパークをかばって)方向転換させてしまう。で、当たった先は、サイバトロン基地を支える大岩。おめでとう。と言う訳で、サイバトロン基地は今度こそ本当に水の中に沈んでしまった。

 コンボイさんは過ぎたことは気にしない性格だったので、さっさとアークに引き返した。そして、初代コンボイのスパークをその本来あるべき場所へと戻すと、これからはここを基地にして戦うと宣言するのだった。


ちなみに何故か、スパークを返してもコンボイさんは、パワードコンボイの姿のままである。おかげで、基地が滝壷に落ちたのは、サイズ的に入れなくなった誰かさんの為なのだというまことしやかな噂が流れている。

あと、このままサイバトロン基地を残しておくと、アークを守らなきゃならない都合上、サイバトロンが常に戦力を2分することになるので、話がややこしくなる意味でも沈めなくちゃいけなかったんだろう。あわれ基地。

基地沈めてしまった…。

(なお、次の14話は総集編のため、ストーリー紹介はありません)

■ ■ ■

▲page top home next>>