×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第15話 えーいっ!


 (恐らく、この回からOPの音楽が変わる。) さて、アークに陣取ったサイバトロンは、何とかここを新しい基地にしようとてんてこまいだった。コンボイさんは、遥か宇宙に思いをはせる。ところがその宇宙では、ちょっとした事件が起こっていた。「プロトフォームX」なるロボットを追う某サイバトロンが、時空の歪みに思いっきり突っ込んでしまったのだ。

 さてさて、サイバトロン基地の前では何故かごっつんこが、カニと2匹きりで突撃を開始しようとしていた。その時、ふとランページは、胸騒ぎを覚えて空を見上げる。その空からは、あるものが落ちつつあった。サイバトロンではチータスがそれを目にする。

 どうでもいいが、ごっつんこはただひとり敵基地の前に立ちふさがる羽目になり、あっけなくやられた(当然だ)。カニはというと、空からの来訪者に心当たりがあるらしく、落下地点に向かいながらはしゃいでいた。なお、空から落ちてきた小さな宇宙船は、海底に不時着。そしてそこからは新戦士、デプスチャージが生まれ出てきた。

 海は、不気味な静けさをみせていた。でも、そこには通りすがりのカニに撃たれ、(泳げないため)沈みつつあるチータスの姿があった。エイに変身したデプスチャージは、彼を発見して助け上げる。ところが、チータスの問いに名前だけ答えた彼は、「プロトフォームX」の接近を感じて海中に去っていってしまう。泳げないうえ無線が壊れ、ジェットもしけっちゃったチータスは、離れ小島でひとり途方に暮れるのだった。

 海の中では、かつてプロトフォームXと呼ばれた男、いまはランページ、がエイを待ち構えて襲い掛かっていた。海中の戦いはそのまま空中へと舞台を移し、さらに二人は浜辺に突っ込で、水・空・地とどこまでも戦いを続ける。一方、チータスのもとにはやっとコンボイさんが到着し、チータスはデプスチャージの名を連呼して説明に代えた。その名を聞いたコンボイは、眉をひそめる。

 デプスチャージとランページ、このふたりは宿敵だったのだ。浜辺の戦いは激しさを増していたが、ついに、エイがカニを制する。が、その横の断崖から卑怯にもぎっちょんちょんがエイを撃ち、彼は倒れてしまう。そこに、コンボイさんとチータスが到着。ぎっちょんちょんは吹き飛ばされる。コンボイさんはエイを基地に連れ帰ると、仲間に彼の過去を話して聞かせた・・・。彼は、トランスフォーマーの故郷、セイバートロン星のコロニーO(オー)のかつての警備隊長であり、そのコロニーはプロトフォームX(後のランページ)によって全滅のめにあったという。ただひとり、デプスチャージを残して。それで、彼は血眼になってXを捜していたというわけだったのだ。

 気がついたデプスチャージは、ここがかの「アーク」であること、ついでに地球で400万年前の世界ということを知って目をむいた。しかし、Xに正義の裁きを受けさせることしか頭にないエイは、コンボイさんの頼みもむなしく、サイバトロンたちと共に戦うことをよしとせず、ただひとり基地を出ていってしまった。


さて、エイことデプスチャージの登場である。上には書かなかったが、彼は「こばんざ めたろう」という謎のサメ型偵察機も備えていて、なかなか笑える。この偵察機、「泣く子はいねがぁ〜」と怒鳴りながら進むのだが、海の中に泣く子がいるはずもなく、順調に沈むチータスを見つける以外役に立たなかった。

■ ■ ■

▲page top home next>>