×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第16話 ぶくぶくっ


 さてさて。新サイバトロン基地となったアークでは、みんながだるい感じで修理を進めていた。なにしろ、大昔の船なのだ、アークは。そしてライノックスの奮闘にも関わらず、ここにシールドを貼り防御を強化するのは無理だと分かる。そこで。

 サイバトロンたちは、ウィドーの開発した、超小型ステルス潜水艇(といってもボール状の原始的なもの)を取り囲んでいた。それなら、デストロンに感知されることなく、いまは水の中にある旧サイバトロン基地から防御システムを回収できるという。出発はいつにするかと聞くウィドーに、コンボイさんは意外な事を言い出す。中に入るのは、ラットルだというのだ。

 ラットルは抗議もむなしくボールに詰め込まれ、シルバーボルトに宙づりにされて空を進むことになる。そして、お気軽なぱたぱた犬の声援とともに、ラットル入りボールは落っことされ、ぶくぶくと滝つぼに沈んでいく。ラットルは当然嫌がっていたが、慣れると案外楽しいらしく、まもなく水中には『ラットル君愛のテーマ』が流れ出した。

 さあて。元基地の奥深くにある防御プログラムをラットルは首尾よく見つけたが、お呼びでない珍客が現われる。水の中ならおまかせのデストロンのランページだ。ところがこの水中パーティーに、さらに飛び入りでデプスチャージがやって来る。彼らの戦闘はメガトロンの知るところとなり、「先手、2、8スペード」という謎の遊びをやっていた部下にはさっそく命令がかかった。話は戻って、カニはとんだ邪魔に怒り、「ミサイルばーんじゃあ」。対するエイ。「寝言は鍋の中で言え。」

 カニとエイが揉めている間に、ラットルはやっとプログラムの入ったボックスを回収する。水上で待ち構えていたシルバーボルトがさっそく引き上げ帰ろうとするが、水上には水上でワスピーターらが待ち構えていた。ところで、なんで「ボール」ごと持ち帰ろうとするのだ。重いではないか。私ならプログラムだけ持ち帰るぞ。(結局のところ、ボールは二転三転して壊れてしまう。)

 さて陸上。というか空中ですかね。苦労して回収したボックスをデストロンはかっさらって行ってしまう。ついでに、不意打ちをくらって絶体絶命になったシルバーボルトの前に、カニを陸上に放り上げたデプスチャージが姿を現す。ぱたぱた犬は喜び、彼に助力を求めるが、エイはカニ以外に関心はなかった。仕方なく、ねずみと犬はふたりだけでボックスを追うことにする。ボックスは取ったり取られたり、なかなか決着がつかない。ところが、ラットルたちの事が気にかかるエイは彼らを追おうと決めたのだが、それが裏目に出て勝ち誇っていたねずみ&犬と空中衝突。その隙にボックスはデストロンが持っていってしまった。

 こんな結果がサイバトロン基地で問題にならないはずがない。コンボイさんは怒り、(何故か)デプスチャージが責められることになる。相変わらず彼は無関心な態度だったが、(水中で)彼がラットルを助けていた事を知ったコンボイは、責任をとってもらう、我々と一緒に戦うんだ、とデプスチャージに手を差し出した。その巨大な手を眺めたデプスチャージは、考えておこう、と答えながらも、軽くウインクしてみせる。コンボイさんも微笑み、デプスチャージは乱暴に自分の手をあわせる。一方、首尾よく防御プログラムを手に入れ、さらに防御が強固になったデストロン基地からは、メガトロンの笑い声がいつまでも響いていた。


この回でようやくエイの旦那こと、デプスチャージがコンボイさんの傘下(?)に入る。とはいえ、彼もかつてのタイガトロン並に、基地には寄りつかないようだ。

どうでもいいけど、どうもこの頃から、コンボイさんよりデプスチャージの方が気に入ってしまって、なにかにつけてコンボイさんのエイに対する態度が「チータスなどとはずいぶん違うよなあ」と感じてしまう。この回の最後で両者は和解した感があるが、その後も、コンボイさんはエイにだけは態度が違うような気がしている。ついでに、ここまでエイを責めてるコンボイさん、自分は偶然とはいえ基地を滝壷に落としていることを、自覚しているのかどうか。

ともあれ、基地がアークに移ったことで、サイバトロンは相当の戦力を常にそこに残しておかなければならなくなった(守りが薄くなると、アークの奥に眠るトランスフォーマーの先祖たちにメガトロンが何をするか分からないからだ)。このたび防御シールドの引き上げにも失敗したので、この状況はずっと変わらない。

■ ■ ■

▲page top home next>>