×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
TOP

■ 13話.浮島のデスマッチ(前編)

 氷河地帯でタイガトロンは不思議な振動を感じる。深く気に留めぬままサイバトロン基地に定期報告をしている途中、彼はデストロンに襲われ、謎の雲のはりつめる谷底へ落ちてしまった。

 彼の毛皮でも持って帰ろうとするワスピーターとテラザウラーは、タイガトロンの後を追ったが、じきに謎の雲から二人の悲鳴が響きわたった。一方、襲撃現場に到着したコンボイさんは、タイガトロンは死んでいるかもしれないと基地に報告。皆は、「出たばっかなのに〜」とつぶやく。

 ところ変わってデストロン基地、を、偵察していたエアラザーは、ぼろぼろになって帰還したテラザウラーとワスピータを発見、報告に戻る。デストロンの二人は雲の中に不思議な浮島を見つけ、そこの武器にやられて命からがら戻って来たのだった。メガトロンは、浮島にブラックウィドーとスコルポスを派遣し、その動きをキャッチしたサイバトロン側は、エアラザーを追跡に出す。

 さて、タイガトロンはというと、謎の浮島にいた。そこには数々の罠が仕掛けてあり、さらに、ひときわ目立つ塔には強力な武器が配備されていた。浮島で誰かが武器を使うと、たちまちその武器が始動、ビームが飛んでくるのである。

 地上から浮島に偵察ロボットを出したスコルポスは、そこにタイガトロンの姿を見いだす。タイガトロンはその偵察ロボットを捕まえる。さて、デストロンたちは浮島に向かい、彼らの後を追ったエアラザーはスコルポスにやられてしまう。もっともスコルポス自身も、塔のビームに危うくやられるところだった。一部始終を見ていたブラックウィドーは、塔を乗っとろうと考える。

 意識を取り戻したエアラザーの目の前には、タイガトロンがいた。タイガトロンは、先の偵察ロボットのプログラムを変え、サイバトロンの基地に送っていた。

 それを受け取ったサイバトロン基地では、タイガトロンの撮った映像がさっそく再生された。タイガトロンの無事を喜ぶサイバトロン。しかし、タイガトロンは、謎の浮島と強力な武器の存在を告げ、それがデストロンに取られることの危険性を叫ぶのだった。


ブラックウィドーのセリフじゃないが、誰がこんな浮島を作ったのか、とか、上には書かなかったけどやたら質量の軽い衛星の存在とか、どうもこの星はただものでないことを匂わせる話である。しかし、この伏線は最終話にならないと解けない。ちょっと長すぎる伏線だ。

前へ リストに戻る 次へ home